弁護士相談

・夫・妻が浮気をしている…

・不倫・浮気相手が許せない…

・家庭を壊した責任をとって欲しい…

このようなとき、どう対応したらいいのでしょうか。「どうしても許せない、慰謝料を請求したい」と思っても、「慰謝料が認められるのかどうか分からない」、「実際にどうすればいいのか分からない」と思い悩み、行動に踏み切れない場合があろうかと思います。ここでは、慰謝料請求の手順や注意点について、ご説明します。

1 見通しをつける

まずは、法律上、慰謝料を請求できるのかどうか、見通しをつけなければいけません。結婚中に不倫・浮気(不貞行為)をされた場合には、不貞行為をした夫・妻と不倫・浮気相手の双方に対して、慰謝料を請求することが考えられます。しかし、不貞行為があった時点で夫婦関係が破たんしていたとか、既婚者であることをまったく知らずに肉体関係を持った場合など、慰謝料請求に支障があるケースもあります。

2 証拠を集める

慰謝料を請求できそうだと分かったとしても、焦ってはいけません。最初にきちんと証拠を集めておくことが肝心です。いきなり、根拠もなく、相手を問い詰めたところで、否定されてしまうだけです。むしろ、浮気などを疑われたことで、警戒され、通話履歴やメール・LINEの履歴を削除されてしまい、証拠集めが困難になってしまうことが懸念されます。そうならないためにも、焦らずにきちんと証拠を固めておくことが大事になってきます。

3 慰謝料を請求する

証拠の準備ができた段階で、いよいよ相手に慰謝料を請求することになります。請求の手段としては、直接話し合って請求する方法や、書面を送って請求するといった方法がありますし、自分自身で対応するのか、弁護士などの専門家に交渉を頼むのか、という点でも、対応が分かれるところです。

請求の相手としては、離婚が前提であれば、①夫・妻のみに請求する、②不倫・浮気相手のみに請求する、③両方に請求するといった3通りが考えられます。また、離婚をしない場合でも、不倫・浮気相手に請求することができます。

ここで一つ注意しなければいけないのは、怒りに任せて暴言や脅迫、暴力に及んでしまったり、相手の実家や職場に押し掛けたりしてはいけない、ということです。そのようなことをしてしまうと、警察沙汰になったり、逆に相手から、慰謝料を請求されたりして、対応が難しくなってしまいます。怒りたい気持ちをぐっと抑えて、冷静に対応することが必要です。行動を起こす前に、一度冷静になって、そのようなことをしても問題ないのか、一度よく考えることが必要になります。

4 専門家に相談する

以上のような手順で、慰謝料の請求を行うことになりますが、どうしても、自分一人では分からないことも出てくるかと思います。

・慰謝料を請求できるのかどうか、結局よく分からない…

・証拠が必要と言われても、何が証拠になるのか分からないし、何をしていいのか分からない…

・自分で交渉を進める自信がないし、どう進めていいのか分からない…

このような不安や疑問が出てきてしまい、どうすればいいのか分からなくなったときには、一度、弁護士に相談し、アドバイスを受けることをお勧めします。アドバイスによって、疑問が解消し、見通しが立ち、今後の指針が見えてくれば、慰謝料の請求に向けて、大きく前進することができるでしょう。

不倫慰謝料の請求をしたい方はこちらもご覧下さい

●不倫慰謝料の請求をしたい方
●慰謝料はいくらくらい請求できるか
●不倫・浮気を疑い始めたときにすべきこと
●不倫・浮気のチェックリスト
●不倫・浮気の証拠の集め方
●離婚後の慰謝料請求
●慰謝料請求の相手方
●慰謝料請求の手続
●請求された側に弁護士が付いた場合の対応
●不倫・浮気相手から予想される反論