弁護士山口面談

夫・妻や不倫・浮気相手に対して、慰謝料請求を行う際に重要となるのが「証拠」です。

ここでは、慰謝料請求のために必要な証拠についてご説明します。




1 メール、LINE

自分で集める場合に一番手軽なのが、夫・妻の携帯電話のメール・LINEです。大切なのは、そのメール・LINEのやり取りが、性的関係を推測できるような内容であることです。一緒にラブホテルに行ったことや性行為の感想など(「この前行った○○(ラブホテルの名前)、また行きたいね」、「今日もよかった、また○○に会うのが楽しみ」など)が書かれていたら、十分な証拠となります。

そして、疑わしいメール・LINEのやり取りがあったら、その画面を可能な限りすべて写真に撮って保存しましょう。複数あれば、それだけ性的関係を推測させる証拠として有力になっていきます。

2 ラブホテルの会員カード、領収書

また、ラブホテルのような、一般的に性的関係を結ぶことが想定される場所の会員カード、領収書なども証拠となります。自分と行っていなければ、他の異性と行った可能性が高いからです。「自分のではない」、「そんなの知らない」と言い訳される可能性もあるので、どこにあったか(例えば、寝室のゴミ箱に入っている様子、車のダッシュボードの中に入っている様子など)が分かる写真も撮影できると、なお良いです。

また、カーナビの履歴に、不倫・浮気相手の自宅やラブホテルに行った記録が残っていないかも確認しましょう。

3 写真、動画

そして、最も決定的な証拠は、夫・妻が、不倫・浮気相手と一緒に、ラブホテルに出入りする場面の写真や動画です。

駐車場の車内に2人きりでいる場面や、一方の自宅に出入りしている場面などの写真・動画も有力な証拠となりますが、その場合、「相談に乗っただけ」「送迎しただけ」などと言い逃れできないようにすることが肝心です。車であれば、ただ座っているわけではない様子(キスしたり、抱き付いたりしている様子など)の写真・動画、自宅であれば、入ったときと出たときの両方を押さえて、時間を記録するなどが考えられます。

もっとも、ラブホテルに出入りする場面の写真・動画などの決定的な証拠を自分で撮るには、尾行・張り込みなどをしなければならないので、負担は大きいでしょう。自分で撮ることが困難であれば、地元の信頼できる探偵事務所に依頼することも考えられます。

なお、探偵の調査によって重要な証拠が入手できた場合、裁判では、調査費用を相手に請求して、その一部(慰謝料金額の数%~10%ほど)が認められているケースがあります。必ずしも調査費用の全額が認められるわけではありませんので、調査を依頼する際には、十分な額の慰謝料を獲得できるか、慎重に検討する必要があります。

4 録音、誓約書・念書

証拠を揃えて、夫・妻や不倫・浮気相手を問い詰めた後の話になりますが、夫・妻や不倫・浮気相手が不倫・浮気を認めたら、会話をスマートフォンなどで録音するか、誓約書・念書を書いてもらいましょう。この場合、不倫・浮気の事実を語らせる、書かせることができれば、どちらも、もはや言い逃れができない証拠となります。

5 まとめ

慰謝料を請求するためには、相手が言い逃れのできない確実な証拠を揃えることが重要です。自分では不倫・浮気の証拠になると思っていても、実は証拠とならない場合もありますし、調査会社の報告書でも、不倫・浮気の証拠とならないケースもあります。きちんとした証拠がないと、示談でまとまらずに裁判となった場合、希望通りの結果にならないおそれがあります。

裁判となった場合をあらかじめ想定して、どのような証拠が必要なのかを見極め、必要な証拠を集めるためにも、不倫・浮気を疑ったら、まずは専門家である弁護士に相談することをお勧めします。

不倫慰謝料の請求をしたい方はこちらもご覧下さい

●不倫慰謝料の請求をしたい方
●慰謝料はいくらくらい請求できるか
●不倫・浮気を疑い始めたときにすべきこと
●不倫・浮気のチェックリスト
●不倫・浮気の証拠の集め方
●離婚後の慰謝料請求
●慰謝料請求の相手方
●慰謝料請求の手続
●慰謝料請求の時効
●請求された側に弁護士が付いた場合の対応
●不倫・浮気相手から予想される反論