不倫・浮気に関する法律相談料

初回無料
2回目以降は、30分ごとに5000円(税別)となります。

【ご注意】
八戸シティ法律事務所では、現在、多数のご相談・ご依頼をいただいており、不倫・浮気の問題については、緊急性の高い方を優先してご相談を受け付けています。慰謝料を請求する側で、離婚または別居をしておらず、その予定もないという方につきましては、ご相談をお受けしておりません。あらかじめ、ご了承ください。これに対し、慰謝料を請求する側で、離婚または別居をしており、またはその予定があるという方につきましては、ご相談をお受けいたします。また、慰謝料を請求された側の方につきましては、離婚または別居、あるいはその予定の有無にかかわらず、ご相談をお受けいたします。

不倫・浮気に関するご依頼

不倫・浮気による慰謝料請求

着手金 10万円(税別)
報酬金 獲得額・減額に成功した金額の20%(税別)

※上記は、離婚問題への対応を伴わない不倫・浮気による慰謝料請求の案件の弁護士費用となります。
>>>離婚問題への対応を伴うケースについては、こちらをご覧ください。
※訴訟を行う場合は、一審級ごとに着手金を10万円(税別)加算するものとします。

仮差押え 強制執行

着手金 10万円(税別)
報酬金 0円

※上記は、不倫・浮気による慰謝料請求のご依頼に附随して仮差押え、強制執行をご依頼いただく場合の弁護士費用となります。仮差押え、強制執行を単体でご依頼いただく場合の弁護士費用については、上記とは別に事案に応じて定めるものとします。
※仮差押えは、請求額の5%ないし数割の担保金を供託する(法務局に預ける)必要があります。
※ 強制執行は、債権(預貯金、給料、売掛金・貸金など)に対する強制執行には数千円の印紙・切手がかかるだけですが、動産に対する強制執行には3~4万円の予納金、不動産に対する強制執行には少なくとも50万円を超える予納金を裁判所に納める必要があります(こうした執行費用は、請求額に上乗せして一緒に強制執行することが可能です)。

出張日当

半日(往復2時間以上) 3万円
1日(往復4時間以上) 5万円

>>>婚約破棄・内縁破棄・中絶の場合の弁護士費用はこちら