1 慰謝料の金額の相場

慰謝料

慰謝料とは、精神的な苦痛に対して支払われるお金です。慰謝料の額には明確な基準がなく、具体的な事情に基づいて決められます。

もっとも、過去の裁判例や八戸シティ法律事務所で取り扱った事案を踏まえると、不倫・浮気による慰謝料の金額は、状況に応じて、おおむね次のような相場にあるといえるでしょう。


・不倫・浮気はあったものの、離婚も別居もしていない場合
50万円~100万円
・不倫・浮気が原因で別居に至った場合
100万円~150万円
・不倫・浮気が原因で離婚に至った場合
150万円~200万円
ただし、上記の金額は、あくまで相場的な数字です。個々の事案における様々な事情によって、実際の金額が大きく左右されることもあります。

2 慰謝料の金額を増減させる事情

慰謝料の金額に影響する主な事情をご紹介します。

まず、不倫・浮気の発覚前の夫婦関係は、ときに、大きく慰謝料の金額を左右します。不倫・浮気の前から不仲で別居していたような場合には、慰謝料金額が低くなったり、そもそも慰謝料請求が認められない場合もあります。

次に、不倫・浮気の期間・回数が、慰謝料の金額に影響します。長いほど、夫・妻を騙していた期間が長いことになり、その分だけ精神的苦痛も大きいと判断されやすくなります。例えば、数年間にも渡って不倫・浮気が続いていて、これが原因で離婚に至った場合には200万円を超えてくることもあります。逆に、不倫・浮気が1回切りだと、これが原因で離婚に至ったとして、100万円前後となる場合もあります。

また、夫婦に幼い子どもがいる場合、不倫・浮気相手との間に子どもができた場合には、不倫・浮気が発覚したときの精神的な苦痛が大きくなるため、慰謝料が増額される傾向にあります。そのほか、以前にも不倫・浮気が発覚して二度としないと誓っていながら再び不倫・浮気をしたような場合には、増額の要素となり得ます。

なお、高収入の芸能人が高額の慰謝料を支払ったという報道はありますが、裁判実務では、不倫・浮気をした夫・妻や不倫・浮気相手が高収入であったとしても、慰謝料の金額には、余り影響しません。

慰謝料の金額には、ここでご紹介した以外にも様々な事情が考慮されます。いくら慰謝料を請求すればいいのか、いくら位が認められるのか、請求された慰謝料金額をそのまま支払った方がいいのかなど、慰謝料の金額についてお悩みの方は、慰謝料請求に強い弁護士に一度ご相談されることをおすすめします。