弁護士木村面談

妻・夫の不倫・浮気が疑われる場合、何をすべきでしょうか。また、逆に何をすべきではないでしょうか。

不倫・浮気を疑い始めたときの対応として重要なことは、「まずは証拠集め」、「相手を問い詰めない」ということです。

夫・妻が不倫・浮気しているかもと思った時、怒りや悲しみの感情のあまり、すぐに、「浮気しているだろ!」と問い詰めたくなる気持ちは分かります。しかし、証拠が不十分なまま、こちらが相手を疑っていることを明らかにしてしまうと、その場を取り繕われ、こっそり証拠隠滅を図られてしまうかもしれません。また、警戒されることで、不倫・浮気の証拠を集めるのが難しくなってしまうかもしれません。

不倫・浮気の慰謝料を請求する場合には、相手が言い逃れできない証拠を揃えることが必要です。たとえ不倫・浮気の事実があったのだとしても、相手が否定し、証拠がなければ、示談交渉や裁判で勝つことができなくなってしまいます。ですので、どんなに感情的になっても、問い詰めずに泳がして、冷静に不倫・浮気の証拠を集めましょう。

不倫慰謝料の請求をしたい方はこちらもご覧下さい

●不倫慰謝料の請求をしたい方
●慰謝料はいくらくらい請求できるか
●不倫・浮気を疑い始めたときにすべきこと
●不倫・浮気のチェックリスト
●不倫・浮気の証拠の集め方
●離婚後の慰謝料請求
●慰謝料請求の相手方
●慰謝料請求の手続
●慰謝料請求の時効
●請求された側に弁護士が付いた場合の対応
●不倫・浮気相手から予想される反論