既婚者であることを知らず、かつ、知らなかったことに過失(落ち度)がない場合には、慰謝料の請求は認められません。
しかし、既婚者であることを知らなかったことに過失がある場合には、慰謝料の請求が認められます。

不倫・浮気による慰謝料請求が認められるためには、故意または過失があることが必要です。
既婚者であることを知りながら体の関係を持った場合には、故意があるものとされ、慰謝料の請求が認められます。
また、既婚者であることを知らなくても、通常の注意を払えば既婚者であることを知り得たと言える場合には、過失があるものとされ、慰謝料の請求が認められます。

では、既婚者であることを知らなかったことに過失がある場合とは、どのような場合のことを言うのでしょうか?
この点、会社の同僚である場合、結婚指輪を常時着用していた場合などは、既婚者であることが容易に分かると言えますので、過失ありと判断されやすいでしょう。
一方で、独身であるかのように振る舞っていた場合、マッチングアプリ等で知り合ったためにお互いのことをよく知らなかった場合などは、過失なしと判断されやすいでしょう。

Q&A一覧

No ご質問
1 不倫・浮気による慰謝料の金額の相場は?
2 不倫・浮気による慰謝料の金額の算定に当たっては、どのような要素が考慮されますか?
3 不倫・浮気による慰謝料を請求された場合、請求を受けた金額をそのまま支払わなければならないのでしょうか?
4 不倫・浮気による慰謝料を請求された場合、家族や職場に知られないように示談交渉を進めることはできますか?
5 不倫・浮気による慰謝料請求の方法・手続は?
6 不倫・浮気による慰謝料を請求するに当たって、自分の手元にある証拠だけで十分なのかどうかに不安がある場合には、どのようにすればよいでしょうか?
7 不倫・浮気の証拠がない場合でも、慰謝料を請求することはできますか?
8 不倫・浮気による慰謝料を請求された場合、どのような反論が考えられますか?
9 不倫・浮気による慰謝料請求について、時効はあるのでしょうか?
10 不倫・浮気による慰謝料を請求したところ、相手方に弁護士が付きました。どのように対応すればよいのでしょうか?
11 弁護士から不倫・浮気による慰謝料を請求する旨が記載された郵便が届きました。どのように対応すればよいでしょうか?
12 裁判所から不倫・浮気による慰謝料の請求に関する訴状等が届きました。どのように対応すればよいでしょうか?
13 不倫・浮気の事実を裏付ける証拠にはどのようなものがありますか?
14 不倫・浮気による慰謝料を請求されているのですが、不倫・浮気をした時点で相手方の夫婦関係はかなり悪化していたはずです。このような場合でも慰謝料を支払わなければならないのでしょうか?
15 GPSを使って不倫・浮気の調査をすることは、違法となりますか?
16 GPSの位置情報は不倫・浮気の事実を裏付ける証拠となりますか?
17 既婚者であることを知らずに体の関係を持った場合でも、慰謝料の請求は認められますか?
18 「夫婦関係がすでに破たんしている」と聞かされていた場合に、慰謝料を支払う必要はあるのでしょうか?