以下のように、状況によっては違法となりますので、注意が必要です。

GPS機器を車に設置する

同居中の夫婦いずれかの名義の車

夫婦の共有財産であるとみなされるため、プライバシー権を不当に侵害するものではなく、違法とまでは言えないと考えられます。

別居中の配偶者が使用している車

プライバシー権を不当に侵害するものとして、違法となると考えられます。
また、他人の私有地に違法な目的をもって立ち入ることとなり、住居侵入罪が成立する可能性もあります。
さらに、令和3年にストーカー規制法が改正され、GPS機器を設置する行為、GPSを用いて位置情報を取得する行為が処罰の対象となったため、処罰される可能性もあります。

不倫・浮気相手が所有する車

プライバシー権の不当な侵害およびストーカー規制法により違法であると考えられます。
また、他人の私有地に違法な目的をもって立ち入ることとなり、住居侵入罪が成立する可能性もあります。

GPS機器を設置する際に車の内装・外装を破損させたとき

器物損壊罪が成立する可能性があります。

GPS追跡アプリを配偶者のスマートフォンにインストールする

配偶者の承諾なく、GPS追跡アプリを配偶者のスマートフォンにインストールする行為は、不正指令電磁的記録供用罪等の犯罪に該当し、違法となります。
また、スマートフォンは、通常は夫婦で共用するということがないため、同居している場合であっても、ストーカー規制法に違反するものと判断される可能性が高いです。

GPS機器を配偶者の衣類・所持品に忍び込ませる

衣類や鞄・財布などの所持品は、通常は夫婦で共用するということがないため、同居している場合であっても、ストーカー規制法に違反するものと判断される可能性が高いです。
また、プライバシー権を不当に侵害するものとして、違法となると考えられます。

Q&A一覧

No ご質問
1 不倫・浮気による慰謝料の金額の相場は?
2 不倫・浮気による慰謝料の金額の算定に当たっては、どのような要素が考慮されますか?
3 不倫・浮気による慰謝料を請求された場合、請求を受けた金額をそのまま支払わなければならないのでしょうか?
4 不倫・浮気による慰謝料を請求された場合、家族や職場に知られないように示談交渉を進めることはできますか?
5 不倫・浮気による慰謝料請求の方法・手続は?
6 不倫・浮気による慰謝料を請求するに当たって、自分の手元にある証拠だけで十分なのかどうかに不安がある場合には、どのようにすればよいでしょうか?
7 不倫・浮気の証拠がない場合でも、慰謝料を請求することはできますか?
8 不倫・浮気による慰謝料を請求された場合、どのような反論が考えられますか?
9 不倫・浮気による慰謝料請求について、時効はあるのでしょうか?
10 不倫・浮気による慰謝料を請求したところ、相手方に弁護士が付きました。どのように対応すればよいのでしょうか?
11 弁護士から不倫・浮気による慰謝料を請求する旨が記載された郵便が届きました。どのように対応すればよいでしょうか?
12 裁判所から不倫・浮気による慰謝料の請求に関する訴状等が届きました。どのように対応すればよいでしょうか?
13 不倫・浮気の事実を裏付ける証拠にはどのようなものがありますか?
14 不倫・浮気による慰謝料を請求されているのですが、不倫・浮気をした時点で相手方の夫婦関係はかなり悪化していたはずです。このような場合でも慰謝料を支払わなければならないのでしょうか?
15 GPSを使って不倫・浮気の調査をすることは、違法となりますか?
16 GPSの位置情報は不倫・浮気の事実を裏付ける証拠となりますか?