不倫・浮気をした時点で相手方の夫婦関係が破たんしていたのであれば、慰謝料を支払う必要はありません。
ただし、夫婦関係が破たんしていたことの証明は困難なことが多く、夫婦関係の破たんを裏付ける事情・証拠の有無は慎重に見極める必要があります。
また、夫婦関係が破たんしていたとまでは言えなくても、不倫・浮気をした時点で相手方の夫婦関係が相当悪化していたことが認められるのであれば、慰謝料を減額する要素となる可能性があります。

不倫・浮気が慰謝料の対象となるのは、平穏な夫婦生活を送る権利を害するものと認められるからです。
しかし、夫婦関係が破たんしているのであれば、法律で保護されるべき平穏な夫婦生活という利益がすでに失われているため、慰謝料を請求することはできないということになります。
このように、「不倫・浮気をした時点で夫婦関係が破たんしていれば、慰謝料の請求が認められない」というルールは、インターネットなどの情報で一般にもよく知られている事項です。
そのため、慰謝料の請求を受けた側から、夫婦関係の破たんの反論が出されることは、よくある展開です。

もっとも、夫婦関係が破たんしていたことを証明しなければならないのは、慰謝料の請求を受けた側であり、その証明は困難なことが多いです。
夫婦が別居して相当の期間が経過しているとか、離婚調停中であるなどの事情があれば、夫婦関係が破たんしていたと認められることは、比較的容易であると言えるでしょう。
しかしながら、別居には至っていなかったものの夫婦関係が険悪になっていたとか、家庭内別居状態であったなどと主張しても、相手方がそれを否定すれば、客観的な証拠で証明することは困難になってしまうことが多いです。
このように、夫婦関係が破たんしていたことを理由に慰謝料の支払を完全に拒否することは、ハードルが高いということをご理解いただければと存じます。

なお、夫婦関係が破たんしていたとまでは言えなくても、不倫・浮気をした時点で相手方の夫婦関係が相当悪化していたと言えるようなケースであれば、慰謝料を減額する要素となる可能性があります。
相手方の夫婦関係が悪化していたことを裏付ける具体的なエピソードや証拠があるのであれば、それを根拠に慰謝料の減額を主張し、適正な支払額による解決を目指すのがよいでしょう。

Q&A一覧

No ご質問
1 不倫・浮気による慰謝料の金額の相場は?
2 不倫・浮気による慰謝料の金額の算定に当たっては、どのような要素が考慮されますか?
3 不倫・浮気による慰謝料を請求された場合、請求を受けた金額をそのまま支払わなければならないのでしょうか?
4 不倫・浮気による慰謝料を請求された場合、家族や職場に知られないように示談交渉を進めることはできますか?
5 不倫・浮気による慰謝料請求の方法・手続は?
6 不倫・浮気による慰謝料を請求するに当たって、自分の手元にある証拠だけで十分なのかどうかに不安がある場合には、どのようにすればよいでしょうか?
7 不倫・浮気の証拠がない場合でも、慰謝料を請求することはできますか?
8 不倫・浮気による慰謝料を請求された場合、どのような反論が考えられますか?
9 不倫・浮気による慰謝料請求について、時効はあるのでしょうか?
10 不倫・浮気による慰謝料を請求したところ、相手方に弁護士が付きました。どのように対応すればよいのでしょうか?
11 弁護士から不倫・浮気による慰謝料を請求する旨が記載された郵便が届きました。どのように対応すればよいでしょうか?
12 裁判所から不倫・浮気による慰謝料の請求に関する訴状等が届きました。どのように対応すればよいでしょうか?
13 不倫・浮気の事実を裏付ける証拠にはどのようなものがありますか?
14 不倫・浮気による慰謝料を請求されているのですが、不倫・浮気をした時点で相手方の夫婦関係はかなり悪化していたはずです。このような場合でも慰謝料を支払わなければならないのでしょうか?
15 GPSを使って不倫・浮気の調査をすることは、違法となりますか?
16 GPSの位置情報は不倫・浮気の事実を裏付ける証拠となりますか?