弁護士・山口龍介

不倫・浮気による慰謝料の請求には時効があります。
また、請求の相手方によって、それぞれ時効期間が始まる時点が異なるので注意が必要です。

まず、不倫・浮気相手に対して慰謝料を請求する場合ですが、原則として、不倫・浮気の事実および不倫・浮気相手が誰であるかを知った時点から3年間で時効が成立します。
逆に言うと、これらの事実を知らなければ時効が進行しませんので、場合によっては、不倫・浮気があった時点から3年間以上経過した後であっても、慰謝料を請求することができる場合があります。

他方で、配偶者に対して慰謝料を請求する場合は、夫婦が離婚をするかどうかで異なります。

まず、夫婦が離婚をする場合には、離婚が成立した日から3年間で時効が成立します。
もっとも、不倫・浮気の事実を知らないまま離婚をした場合には、やはり時効が進行しませんので、離婚をしてから3年間以上経過した後であっても、慰謝料を請求することができる場合があります。

一方で、夫婦が離婚をしない場合には、時効が成立することはありません(民法159条)。
これは、婚姻関係にある夫婦の一方は、もう一方に対して慰謝料を請求するということが期待できないと考えられているためです。
ただし、不倫・浮気による慰謝料の請求は不法行為(民法709条)に当たるため、その除斥期間は20年間となります。
そのため、夫婦が離婚をしない場合であっても、不倫・浮気の事実を知っているかどうかにかかわらず、不倫・浮気があった時点から20年間経過した場合には、慰謝料を請求することができなくなります。

Q&A一覧

No ご質問
1 不倫・浮気による慰謝料の金額の相場は?
2 不倫・浮気による慰謝料の金額の算定に当たっては、どのような要素が考慮されますか?
3 不倫・浮気による慰謝料を請求された場合、請求を受けた金額をそのまま支払わなければならないのでしょうか?
4 不倫・浮気による慰謝料を請求された場合、家族や職場に知られないように示談交渉を進めることはできますか?
5 不倫・浮気による慰謝料請求の方法・手続は?
6 不倫・浮気による慰謝料を請求するに当たって、自分の手元にある証拠だけで十分なのかどうかに不安がある場合には、どのようにすればよいでしょうか?
7 不倫・浮気の証拠がない場合でも、慰謝料を請求することはできますか?
8 不倫・浮気による慰謝料を請求された場合、どのような反論が考えられますか?
9 不倫・浮気による慰謝料請求について、時効はあるのでしょうか?