ご自身では不倫・浮気の証拠を十分に確保しているとお考えでも、弁護士が確認すると、実は慰謝料を請求するための証拠としては不十分であるということがあります。不倫・浮気の証拠が不十分であれば、相手方から言い逃れのような主張をされた時に、対応できなくなるおそれがあります。

「不倫・浮気の証拠を確保している」ということでメール・LINEのやり取りを撮影した画像を持ってご相談に来られるものの、弁護士から見れば証拠として不十分であり、追加の証拠が必要であるとアドバイスするなどのケースは少なくありません。また、まれにではありますが、探偵の調査報告書であっても、相手方の言い逃れを許してしまうような内容となってしまっていることもあります。

手元にある証拠が不十分な場合には、さらに追加の証拠を集めることや、探偵に依頼して確実な証拠を確保することが必要になります。しかし、すでに慰謝料を請求した後では、相手方も警戒していますし、証拠となるようなメール・LINEは消去するでしょうから、追加の証拠を集めることはほぼ不可能となります。

したがって、ご自身の手元にある証拠だけで十分なのかどうかに不安がある場合のみならず、ご自身では十分な証拠を確保しているとお考えの場合であっても、慰謝料を請求する前に、手元にある証拠を持って、まずは弁護士にご相談されることをお勧めいたします。弁護士であれば、不倫・浮気による慰謝料を請求するための証拠として、手元にある証拠で十分なのかどうかを冷静かつ適正に判断できます。また、追加の証拠を集める必要がある場合でも、どのような証拠をどのように集めればよいのかなどについて、的確なアドバイスをすることができます。

Q&A一覧

No ご質問
1 不倫・浮気による慰謝料の金額の相場は?
2 不倫・浮気による慰謝料の金額の算定に当たっては、どのような要素が考慮されますか?
3 不倫・浮気による慰謝料を請求された場合、請求を受けた金額をそのまま支払わなければならないのでしょうか?
4 不倫・浮気による慰謝料を請求された場合、家族や職場に知られないように示談交渉を進めることはできますか?
5 不倫・浮気による慰謝料請求の方法・手続は?
6 不倫・浮気による慰謝料を請求するに当たって、自分の手元にある証拠だけで十分なのかどうかに不安がある場合には、どのようにすればよいでしょうか?
7 不倫・浮気の証拠がない場合でも、慰謝料を請求することはできますか?
8 不倫・浮気による慰謝料を請求された場合、どのような反論が考えられますか?
9 不倫・浮気による慰謝料請求について、時効はあるのでしょうか?