事案内容:不倫・浮気をした
依頼者:40代の女性
不倫・浮気相手:会社員の男性

1 不倫・浮気の状況

依頼者は、同じ会社に勤める男性と5年間で15回程度の肉体関係を持ちました。

2 相談・依頼のきっかけ

依頼者のもとに、不貞を理由として300万円の慰謝料を請求する旨記載された書面が、不貞相手の妻の代理人弁護士から届きました。
そのため、依頼者は、こちらも弁護士を間に立てて対応したいということで、当事務所にご相談・ご依頼をいただきました。

3 当事務所の活動

当事務所の弁護士は、ご依頼後すぐに不貞相手の妻の代理人弁護士に連絡をとり、示談交渉を行いました。

不貞相手の夫婦が離婚や別居に至っていないことや、不貞の発覚後も家族旅行に行くなどしていることから、不貞による夫婦関係への影響の程度は軽微であり、300万円の慰謝料請求は高額であることを主張して、減額を求めていきました。
また、不貞相手は依頼者以外の女性とも同じような関係を複数持っていたことから、依頼者が不貞を主導したものではないことを主張し、不貞のもっぱらの責任は不貞相手にあることを繰り返し主張しました。
不貞相手の妻の代理人弁護士は100万円まで折れてきたものの、この金額でも相場を大きく超えていることから、これ以上の請求には裁判でなければ応じられないと伝え、最終的に70万円の提案を引き出しました。

4 当事務所が関与した結果

上記のように、当事務所の弁護士による交渉の結果、300万円の請求から230万円を減額し、慰謝料として70万円を支払う内容の示談を成立させました。
相場の範囲内で示談をすることに成功しました。

また、解決までにかかった期間は、依頼者が請求を受けてから約1か月半であり、早期に解決することができました。

5 解決のポイント(所感)

依頼者は、高額な請求を受けたことに驚かれた様子でしたが、当事務所の弁護士による交渉の結果、大幅な減額に成功し、大変ご満足された様子でした。

6 お客様の声

先生方がいなかったら、私は何もできませんでした。
とても感謝しております。
本当にありがとうございました。

※クリックすると拡大されます。


解決事例一覧

 

No 解決事例
1 不倫・浮気が原因で離婚となった20代の男性が、元妻の不倫・浮気相手から、200万円の慰謝料を獲得した事案(不倫・浮気による慰謝料請求)
2 不倫・浮気をしたと疑われて、300万円の慰謝料請求を受けた男女が、支払なしで終わらせた事案(不倫・浮気による慰謝料請求)
3 不倫・浮気をした会社員の女性が、不倫・浮気相手の妻から、弁護士を通して200万円の慰謝料を請求されたのに対し、50万円の支払に収めた事案(不倫・浮気による慰謝料請求)
4 不倫・浮気をされて離婚に至った40代の女性が、元夫の不倫・浮気相手から、200万円の慰謝料を獲得した事案(不倫・浮気による慰謝料請求)
5 不倫・浮気をした40代の男性が、不倫・浮気相手の夫に100万円の慰謝料を支払う内容で示談を成立させた事案(不倫・浮気による慰謝料請求)
6 不倫・浮気をした30代の女性が、不倫・浮気相手の妻から、慰謝料の請求を受けたのに対し、ご依頼から約1か月で、50万円を支払う内容で示談を成立させた事案(不倫・浮気による慰謝料請求)
7 不倫・浮気をした50代の男性が、300万円の慰謝料の請求を受けたのに対し、150万円に減額して示談を成立させた事案(不倫・浮気による慰謝料請求)
8 不倫・浮気をされて離婚に至った50代の女性が、元夫から500万円の慰謝料を獲得した事案(不倫・浮気による慰謝料請求)
9 不倫・浮気をした会社員の女性が、300万円の慰謝料の請求を受けたのに対し、70万円の支払で示談解決した事案(不倫・浮気による慰謝料請求)
10 既婚男性と交際関係にあった女性が、その男性の妻から、弁護士を通して300万円の請求を受けたのに対し、50万円の支払で示談解決した事案
11 不倫・浮気をされて別居に至った30代の女性が、夫の不倫・浮気相手から、200万円の慰謝料を獲得した事案(不倫・浮気による慰謝料請求)
12 不倫・浮気をした30代の男性が、500万円の慰謝料等の請求を受けたのに対し、120万円に減額して解決した事案(不倫・浮気による慰謝料請求)
13 不倫・浮気をした会社員の女性が、330万円の慰謝料請求の訴訟(裁判)を起こされたのに対し、実質10万円の支払のみで解決した事案(不倫・浮気による慰謝料請求)
14 不倫・浮気をした40代の女性が、不倫・浮気相手の妻から慰謝料として300万円を請求されたところ、70万円の支払(230万円の減額)に収めた事案(不倫・浮気による慰謝料請求)