事案内容:不倫・浮気をした
依頼者:会社員の女性(会社員)
不倫・浮気相手:会社員の男性

1 不倫・浮気の状況

依頼者は、同僚の既婚男性(不倫・浮気相手)と肉体関係を持ちました。後日、不倫・浮気相手の妻(相手方)に肉体関係のことが知れ、不倫・浮気相手と相手方とが離婚することとなりました。

2 相談・依頼のきっかけ

依頼者のもとに、相手方が立てた弁護士から、300万円の慰謝料を請求する旨の通知書が送付されてきました。依頼者は、当事務所に慰謝料請求への対応について、ご相談に来られました。当事務所の弁護士が、不倫・浮気相手と相手方とが離婚することを前提としても、肉体関係を持った回数が少ないことなどを考慮すると、300万円の請求が過大であることや、慰謝料の支払義務が不倫・浮気相手との連帯責任とされる中で、依頼者が単独で高額の支払を負担するのは不相当であることなどを説明したところ、相手方との示談交渉をご依頼いただくこととなりました。

3 当事務所の活動

当事務所の弁護士は、直ちに、相手方が立てた弁護士に連絡し、慰謝料の減額に向けた示談交渉を開始しました。相手方が立てた弁護士は、交渉の当初、高額の慰謝料の請求を主張してきました。これに対し、当事務所の弁護士は、慰謝料の相場と比較すると300万円の請求が過大であることや、肉体関係の回数が少数回であること、依頼者よりも資力のある不倫・浮気相手にも慰謝料請求が可能であり、依頼者のみから高額の慰謝料を受け取るのは不相当であることなどを主張し、減額を求めて粘り強く交渉を続けました。

4 当事務所が関与した結果

当事務所の弁護士による示談交渉の結果、300万円の請求額から230万円の大幅減額に成功し、70万円を支払う内容での示談解決に成功しました。

5 お客様の声

何もわからず不安でしたが、すばやく対応して頂き、無事、解決できて良かったです。ありがとうございました。

※クリックすると拡大されます。


解決事例一覧

 

No 解決事例
1 不倫・浮気が原因で離婚となった20代の男性が、元妻の不倫・浮気相手から、200万円の慰謝料を獲得した事案(不倫・浮気による慰謝料請求)
2 不倫・浮気をしたと疑われて、300万円の慰謝料請求を受けた男女が、支払なしで終わらせた事案(不倫・浮気による慰謝料請求)
3 不倫・浮気をした会社員の女性が、不倫・浮気相手の妻から、弁護士を通して200万円の慰謝料を請求されたのに対し、50万円の支払に収めた事案(不倫・浮気による慰謝料請求)
4 不倫・浮気をされて離婚に至った40代の女性が、元夫の不倫・浮気相手から、200万円の慰謝料を獲得した事案(不倫・浮気による慰謝料請求)
5 不倫・浮気をした40代の男性が、不倫・浮気相手の夫に100万円の慰謝料を支払う内容で示談を成立させた事案(不倫・浮気による慰謝料請求)
6 不倫・浮気をした30代の女性が、不倫・浮気相手の妻から、慰謝料の請求を受けたのに対し、ご依頼から約1か月で、50万円を支払う内容で示談を成立させた事案(不倫・浮気による慰謝料請求)
7 不倫・浮気をした50代の男性が、300万円の慰謝料の請求を受けたのに対し、150万円に減額して示談を成立させた事案(不倫・浮気による慰謝料請求)
8 不倫・浮気をされて離婚に至った50代の女性が、元夫から500万円の慰謝料を獲得した事案(不倫・浮気による慰謝料請求)
9 不倫・浮気をした会社員の女性が、300万円の慰謝料の請求を受けたのに対し、70万円の支払で示談解決した事案(不倫・浮気による慰謝料請求)