事案内容:不倫・浮気を疑われた
依頼者:元妻および元妻との不倫・浮気を疑われた男性
相手方:元夫

1 不倫・浮気を疑われた状況

依頼者は、離婚済みの元妻と、元夫から元妻の不倫・浮気相手と疑われた男性でした。元夫は、元妻と男性が離婚前に不倫・浮気をしていたと疑って、元妻と男性に慰謝料を請求してきていました。

2 相談・依頼のきっかけ

元夫が弁護士を立てて、依頼者2名に対して300万円の慰謝料を請求する旨の内容証明郵便を送付してきました。依頼者2名は、こちらも弁護士を立てて対応したいとのことで、当事務所にご相談・ご依頼いただきました。

3 当事務所の活動

依頼者2名は交際開始が離婚後とのことであったため、当事務所の弁護士は元夫が立てた弁護士に対して、慰謝料の支払には応じられない旨を回答しました。その後、当事務所の弁護士が窓口となって、元夫側の弁護士とのやり取りを何度か続けました。

4 当事務所が関与した結果

その後、元夫側から裁判が起こされることなく、離婚後3年が経過しました。そこで、当事務所の弁護士は、元夫に対し、「婚姻中の不倫・浮気の事実はなく、そもそも慰謝料が発生しないが、離婚後3年が経過したことから、予備的に慰謝料請求の時効を主張する」との内容証明郵便を送付しました。これをもって、元夫の慰謝料請求が通らないことが完全に確定したため、案件解決に至りました。300万円の慰謝料請求をゼロにすることに成功したのです。

5 解決のポイント(所感)

不倫・浮気の事実がないにもかかわらず、あると疑われて慰謝料請求を受けるケースもあります。肉体関係が一切ないケース、交際開始が離婚後のケースでは、慰謝料を支払う義務はないのですが、慰謝料請求を受けたことへの対応に苦慮されているという方も少なくありません。弁護士にご相談・ご依頼いただくことで、解決に向けて安心して適切に交渉等を進めていくことが可能となります。

6 お客様の声

今回、相談したことによって、大変気持ちが軽くなり、無事に解決する事が出来ました。対応スピードがとても速く、あまり不安な気持ちを持たなかったのが一番でした。
解決事例02
※クリックすると拡大されます。

今回は大変お世話になりました。わからない事も丁寧に説明していただき、不安もなくなりました。
解決事例02-2
※クリックすると拡大されます。


解決事例一覧

 

No 解決事例
1 不倫・浮気が原因で離婚となった20代の男性が、元妻の不倫・浮気相手から、200万円の慰謝料を獲得した事案(不倫・浮気による慰謝料請求)
2 不倫・浮気をしたと疑われて、300万円の慰謝料請求を受けた男女が、支払なしで終わらせた事案(不倫・浮気による慰謝料請求)
3 不倫・浮気をした会社員の女性が、不倫・浮気相手の妻から、弁護士を通して200万円の慰謝料を請求されたのに対し、50万円の支払に収めた事案(不倫・浮気による慰謝料請求)
4 不倫・浮気をされて離婚に至った40代の女性が、元夫の不倫・浮気相手から、200万円の慰謝料を獲得した事案(不倫・浮気による慰謝料請求)
5 不倫・浮気をした40代の男性が、不倫・浮気相手の夫に100万円の慰謝料を支払う内容で示談を成立させた事案(不倫・浮気による慰謝料請求)
6 不倫・浮気をした30代の女性が、不倫・浮気相手の妻から、慰謝料の請求を受けたのに対し、ご依頼から約1か月で、50万円を支払う内容で示談を成立させた事案(不倫・浮気による慰謝料請求)
7 不倫・浮気をした50代の男性が、300万円の慰謝料の請求を受けたのに対し、150万円に減額して示談を成立させた事案(不倫・浮気による慰謝料請求)
8 不倫・浮気をされて離婚に至った50代の女性が、元夫から500万円の慰謝料を獲得した事案(不倫・浮気による慰謝料請求)