事案内容:不倫・浮気をした
依頼者:会社員の女性
不倫・浮気相手:20代の男性

1 不倫・浮気の状況

依頼者は、知り合いの既婚男性から迫られ、肉体関係を伴う交際をしました。

2 相談・依頼のきっかけ

依頼者は、不倫・浮気相手の妻から、弁護士を通して200万円の慰謝料の請求を受けました。不倫・浮気相手に付いた弁護士からの電話による慰謝料請求が強硬であり、その対応に多大な精神的負担を強いられているとのことで、ご相談・ご依頼いただきました。

3 当事務所の活動

当事務所の弁護士は、不倫・浮気相手の妻に付いた弁護士との示談交渉に臨みました。当事務所の弁護士は、速やかに、不倫・浮気相手とその妻とが離婚に至っていないことなどを指摘し、慰謝料の減額を求める書面を、不倫・浮気相手の妻に付いた弁護士に送付し、交渉しました。

4 当事務所が関与した結果

上記のように当事務所の弁護士が慰謝料の減額を求めたことで、当初は強硬だった不倫・浮気相手の妻の側が折れてきました。不倫・浮気相手の妻の側からの回答は、50万円であれば示談に応じてもよいとの内容でした。依頼者もこの条件でまとめることに同意し、当初200万円請求された慰謝料の額を、50万円とすることで示談成立となりました(150万円の減額に成功)。

5 解決のポイント(所感)

不倫・浮気による慰謝料の請求側に付いた弁護士が、不倫・浮気をした側に対し、電話で脅しまがいの請求を行う例が散見されます。このような方法での慰謝料請求を受けたときは、ご自身で対処すると精神的な疲弊が大きく、適正な解決を目指すこともままならないと思います。早めに不倫・浮気による慰謝料の問題に精通した弁護士にご相談いただくのがよいでしょう。

6 お客様の声

この度は大変お世話になりありがとうございました。木村先生にお願いできて、納得のいく結果となり、感謝申し上げます。大変心強く、信頼しております。これから前向きに生きていこうと思います。ありがとうございました。
解決事例03
※クリックすると拡大されます。


解決事例一覧

No 解決事例
1 不倫・浮気が原因で離婚となった20代の男性が、元妻の不倫・浮気相手から、200万円の慰謝料を獲得した事案(不倫・浮気による慰謝料請求)
2 不倫・浮気をしたと疑われて、300万円の慰謝料請求を受けた男女が、支払なしで終わらせた事案(不倫・浮気による慰謝料請求)
3 不倫・浮気をした会社員の女性が、不倫・浮気相手の妻から、弁護士を通して200万円の慰謝料を請求されたのに対し、50万円の支払に収めた事案(不倫・浮気による慰謝料請求)
4 不倫・浮気をされて離婚に至った40代の女性が、元夫の不倫・浮気相手から、200万円の慰謝料を獲得した事案(不倫・浮気による慰謝料請求)
5 不倫・浮気をした40代の男性が、不倫・浮気相手の夫に100万円の慰謝料を支払う内容で示談を成立させた事案(不倫・浮気による慰謝料請求)
6 不倫・浮気をした30代の女性が、不倫・浮気相手の妻から、慰謝料の請求を受けたのに対し、ご依頼から約1か月で、50万円を支払う内容で示談を成立させた事案(不倫・浮気による慰謝料請求)
7 不倫・浮気をした50代の男性が、300万円の慰謝料の請求を受けたのに対し、150万円に減額して示談を成立させた事案(不倫・浮気による慰謝料請求)