事案内容:不倫・浮気をした
依頼者:30代の女性(会社員)
不倫・浮気相手:30代の男性

1 不倫・浮気の状況

依頼者は、元交際相手の既婚男性と親密な関係となり、肉体関係を持つに至りました。

2 相談・依頼のきっかけ

依頼者は、不倫・浮気の事実を知った不倫・浮気相手の妻から、電話で慰謝料の請求を受けました。そして、依頼者は、後日、不倫・浮気相手の妻に電話を掛けて、慰謝料請求に対する回答をする約束となっていたところ、どのように対応すればよいのかに悩み、当事務所にご相談に来られました。当事務所の弁護士は、慰謝料の金額の相場や、不倫・浮気相手およびその妻が離婚に至っていないことを前提として、求償関係を利用した減額交渉の手法について、ご説明させていただきました。すると、依頼者は、今後の示談交渉への対応を当事務所の弁護士に任せたいとのことで、ご依頼いただきました。

3 当事務所の活動

当事務所の弁護士は、不倫・浮気相手の妻の住所が不明であったことから、まずは不倫・浮気相手の妻に電話を掛けて、今後の示談交渉の窓口となる旨を伝えました。すると、不倫・浮気相手の妻は、「こちらも、すでに弁護士に依頼した」と話しました。そこで、当事務所の弁護士は、不倫・浮気相手の妻が依頼した弁護士に連絡して、弁護士同士の示談交渉を開始しました。

4 当事務所が関与した結果

不倫・浮気相手の妻が立てた弁護士は、不倫・浮気相手およびその妻が離婚をしないことを前提に、慰謝料として100万円を請求すると通知してきました。当事務所の弁護士は、依頼者の不倫・浮気相手に対する求償関係を前提に、慰謝料の減額を主張しました。そして、弁護士同士での示談交渉の結果、最終的に慰謝料として50万円を支払う内容での合意解決となりました。また、当事務所の弁護士は、示談書の条項において、不倫・浮気相手の妻からの要望で、依頼者が今後、不倫・浮気相手に連絡・接触しないことを約束する一方、依頼者からのご要望に従って、不倫・浮気の事実や示談交渉の結果などについて、お互いに第三者に口外しないことの約束を取り付けました。ご依頼から約1か月で、依頼者のご要望のとおりに、適正な内容で示談解決することに成功しました。

5 解決のポイント(所感)

不倫・浮気相手およびその配偶者が離婚をしない場合には、慰謝料は100万円あるいはそれ以下が適正額となるケースが通常です。また、不倫・浮気相手に対する求償関係があることから、求償権を行使しないことを条件に慰謝料の減額交渉ができるケースが多いです。このような専門知識や示談交渉のノウハウに精通した弁護士が示談交渉に臨むことにより、慰謝料を適正な支払額に抑えることが期待できます。


解決事例一覧

No 解決事例
1 不倫・浮気が原因で離婚となった20代の男性が、元妻の不倫・浮気相手から、200万円の慰謝料を獲得した事案(不倫・浮気による慰謝料請求)
2 不倫・浮気をしたと疑われて、300万円の慰謝料請求を受けた男女が、支払なしで終わらせた事案(不倫・浮気による慰謝料請求)
3 不倫・浮気をした会社員の女性が、不倫・浮気相手の妻から、弁護士を通して200万円の慰謝料を請求されたのに対し、50万円の支払に収めた事案(不倫・浮気による慰謝料請求)
4 不倫・浮気をされて離婚に至った40代の女性が、元夫の不倫・浮気相手から、200万円の慰謝料を獲得した事案(不倫・浮気による慰謝料請求)
5 不倫・浮気をした40代の男性が、不倫・浮気相手の夫に100万円の慰謝料を支払う内容で示談を成立させた事案(不倫・浮気による慰謝料請求)
6 不倫・浮気をした30代の女性が、不倫・浮気相手の妻から、慰謝料の請求を受けたのに対し、ご依頼から約1か月で、50万円を支払う内容で示談を成立させた事案(不倫・浮気による慰謝料請求)